後漢

月事

長沙定王發。發之母唐姫、故程姫侍者。景帝召程姫、程姫有所辟、不願進、而飾侍者唐兒使夜進。上醉不知、以為程姫而幸之、遂有身。已乃覺非程姫也。及生子、因命曰發。 【注】 索隠、姚氏按、釋名云「天子諸侯羣妾以次進御、有月事者止不御、更不口説、故以…

呂政と班固

孝明皇帝十七年十月十五日乙丑、曰 周曆已移、仁不代母。秦直其位、呂政殘虐。然以諸侯十三、并兼天下、極情縱欲、養育宗親。・・・(後略)・・・ 【正義】班固典引云、後漢明帝永平十七年詔問班固「太史遷贊語中寧有非邪?」班固上表陳秦過失及賈誼言答之…

公孫度の戦い

(初平元年)遼東太守公孫度自號爲平州牧、立漢世祖廟。 (『後漢紀』孝献皇帝紀第二十六) 遼東太守公孫度が漢の世祖廟を立てたのは、あの董卓が洛陽を破壊したという初平元年の事だったという。 という事は、公孫度としては「洛陽で事実上失われた皇帝廟を…

爵位の法則性

帝高(竇)融功、下詔以安豐・陽泉・蓼・安風四縣封融為安豐侯、弟友為顯親侯。遂以次封諸將帥。武鋒將軍竺曾為助義侯、武威太守梁統為成義侯、張掖太守史苞為襃義侯、金城太守厙鈞為輔義侯、酒泉太守辛肜為扶義侯。 (『後漢書』列伝第十三、竇融伝) 河西…

公主の人生

皇女義王、建武十五年封舞陽長公主、適陵郷侯太僕梁松。松坐誹謗誅。 皇女中禮、十五年封涅陽公主、適顯親侯大鴻臚竇固、肅宗尊為長公主。 皇女紅夫、十五年封館陶公主、適駙馬都尉韓光。光坐與淮陽王延謀反誅。 皇女禮劉、十七年封淯陽公主、適陽安侯長樂少…

ない内史

五月丙申、天子使御史大夫郗慮持節策命公為魏公曰・・・(中略)・・・魏國置丞相已下羣卿百寮、皆如漢初諸侯王之制。 (『三国志』巻一、武帝紀) 秋、羣下上先主為漢中王、表於漢帝曰・・・(中略)・・・以漢中・巴・蜀・廣漢・犍為為國、所署置依漢初諸…

仲長統『昌言』法誡篇を読んでみよう:その3

その2(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/27/000000)の続き。

仲長統『昌言』法誡篇を読んでみよう:その2

その1(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/26/000100)の続き。

仲長統『昌言』法誡篇を読んでみよう:その1

損益篇の次は法誡篇。

仲長統『昌言』損益篇を読んでみよう:その7

その6(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/24/000100)の続き。

仲長統『昌言』損益篇を読んでみよう:その6

その5(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/21/000100)の続き。

仲長統『昌言』損益篇を読んでみよう:その5

その4(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/20/000100)の続き。

仲長統『昌言』損益篇を読んでみよう:その4

その3(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/19/000100)の続き。

仲長統『昌言』損益篇を読んでみよう:その3

その2(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/18/000100)の続き。

仲長統『昌言』損益篇を読んでみよう:その2

その1(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/17/000100)の続き。

仲長統『昌言』損益篇を読んでみよう:その1

理乱篇の次は損益篇。

仲長統『昌言』理乱篇を読んでみよう:その5

その4(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/14/000100)の続き。

仲長統『昌言』理乱篇を読んでみよう:その4

その3(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/13/000100)の続き。

仲長統『昌言』理乱篇を読んでみよう:その3

その2(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/12/000100)の続き。

仲長統『昌言』理乱篇を読んでみよう:その2

その1(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/08/11/000100)の続き。

仲長統『昌言』理乱篇を読んでみよう:その1

唐突だが、後漢末の仲長統の『昌言』を読んでみようと思う。 尚書令荀彧聞(仲長)統名、奇之、舉為尚書郎。後參丞相曹操軍事。毎論説古今及時俗行事、恆發憤歎息。因著論名曰昌言、凡三十四篇、十餘萬言。 獻帝遜位之歲、統卒、時年四十一。 友人東海繆襲常…

禅譲か放伐か

前回の魏公と魏王について。 帝位の禅譲を受けるのは王でなければならない、という決まりは本来は無いはずだ。例えば尭や舜は少なくとも王とは言われていないように思われる。 だが、ここで一つ思った。 殷を放伐により滅ぼした周は、王を名乗っていたではな…

魏王についての疑問

曹操は魏公から魏王になったが、何故魏王になったのだろうか? 魏公の時と領土は変わってないようだし、既に魏公が他の諸侯王より上の地位であると決められている。 じゃあ将来行うであろう禅譲のためかというと、その先達王莽はそもそも王にはなっていない…

陳国の変遷

及獻帝初、義兵起、(劉)寵率衆屯陽夏、自稱輔漢大將軍。國相會稽駱俊素有威恩、時天下飢荒、鄰郡人多歸就之、俊傾資賑贍、並得全活。 後袁術求糧於陳而俊拒絕之、術忿恚、遣客詐殺俊及寵、陳由是破敗。 是時諸國無復租祿、而數見虜奪、并日而食、轉死溝壑…

ひとこと

あれ?後漢末って陳王はあの劉寵が死んだ後に新たに立ってたっけ? 曹操が武平侯だった頃って「陳国」だったんだろうか、それとも「陳郡」だったんだろうか?

漢の前例

九月、太中大夫孔融上書曰・・・(中略)・・・聖漢因循、未之匡改、猶依古法、潁川・南陽・陳留・上黨・三河近郡不封諸侯。・・・(後略)・・・ (『後漢紀』孝献帝紀巻第二十九、建安九年) 孔融の上書によれば、潁川・南陽・陳留・上党・三河(河内・河…

戸数の変遷

(建安元年)九月、車駕出轘轅而東、以太祖為大將軍、封武平侯。 (『三国志』巻一、武帝紀) (建安十年正月)丁丑、增封(曹)操萬三千戸、平幽・冀之功也。 (『後漢紀』孝献帝紀巻第二十九) (建安十一年正月)己丑、增封(曹)操、并前三萬戸、食柘城…

大敗の責任

魏武故事載公(建安十五年)十二月己亥令曰・・・(中略)・・・今上還陽夏・柘・苦三縣戸二萬、但食武平萬戸、且以分損謗議、少減孤之責也。 (『三国志』巻一、武帝紀注引『魏武故事』) 曹操は建安11年に(おそらく高幹撃破の功績との名目で)三万戸に…

陳平の封建

高帝南過曲逆 、上其城、望見其屋室甚大、曰「壯哉縣!吾行天下、獨見洛陽與是耳。」顧問御史曰「 曲逆戸口幾何?」對曰「始秦時三萬餘戸、閒者兵數起、多亡匿、今見五千戸。」於是乃詔御史、更以陳平為曲逆侯、盡食之、除前所食戸牖。 (『史記』巻五十六、…

劉備に属した県侯

二十五年、魏文帝稱尊號、改年曰黄初。 或傳聞漢帝見害、先主乃發喪制服、追諡曰孝愍皇帝。 是後在所並言衆瑞、日月相屬、故議郎陽泉侯劉豹・青衣侯向舉・偏將軍張裔・黄權・大司馬屬殷純・益州別駕從事趙莋・治中從事楊洪・從事祭酒何宗・議曹從事杜瓊・勸…