中国史

所管がえ

王脩字叔治、北海營陵人也。 (『三国志』巻十一、王修伝) 三国時代の王修の出身營陵県は北海郡であった。 王裒字偉元、城陽營陵人也。祖修、有名魏世。父儀、高亮雅直、為文帝司馬。 (『晋書』巻八十八、孝友伝、王裒) だがその孫の王裒は城陽郡の營陵県…

メモ

子(裴)駰、南中郎參軍。 (『宋書』巻六十四、裴松之伝) 史記集解序、裴駰 【注】 索隠、駰字龍駒、河東人、宋中郎外兵參軍。父松之、太中大夫。 正義、裴駰採九經諸史并漢書音義及衆書之目而解史記、故題史記集解序。序、緒也。孫炎云謂端緒也。孔子作易…

儒から道へ

(鄭)玄質於辭訓、通人頗譏其繁。至於經傳洽孰、稱為純儒、齊魯閒宗之。其門人山陽郗慮至御史大夫、東萊王基・清河崔琰著名於世。又樂安國淵・任嘏、時並童幼、玄稱淵為國器、嘏有道徳、其餘亦多所鑒拔、皆如其言。 【注】 慮字鴻豫。基字伯輿、魏鎮南將軍…

曹丕と孔融

初、曹操攻屠鄴城、袁氏婦子多見侵略、而操子丕私納袁熙妻甄氏。融乃與操書、稱「武王伐紂、以妲己賜周公」。操不悟、後問出何經典。對曰「以今度之、想當然耳。」 (『後漢書』列伝第六十、孔融伝) 後漢末の孔融は曹操らによる袁氏婦女乱取り、ことに息子…

宗聖か崇聖か

正義、括地志云「漢封夫子十二代孫忠為褒成侯、生光、為丞相、封侯。平帝封孔霸孫莽二千戸為褒成侯。後漢封十七代孫志為褒成侯。魏封二十二代孫羨為崇聖侯。晉封二十三代孫震為奉聖亭侯。後魏封二十七代孫為崇聖大夫。孝文帝又封三十一代孫珍為崇聖侯、高齊…

幼き日の薄太后

薄太后、父呉人、姓薄氏、秦時與故魏王宗家女魏媼通、生薄姫。而薄父死山陰、因葬焉。 及諸侯畔秦、魏豹立為魏王、而魏媼内其女於魏宮。 (『史記』巻四十九、外戚世家、薄太后) 漢の文帝の母の薄太后の前半生、よく考えると微妙に謎だな。 父は呉の人だが…

項羽の親族

以客從漢王二年從起定陶、以大謁者撃布、侯、千戸。為淮陰守。項氏親也、賜姓。 (『史記』巻十八、高祖功臣侯者年表、桃侯劉襄) 漢の高祖の功臣の一人である桃侯劉襄は項羽の親族であるが、よくよく見ると高祖2年の段階で劉邦に従った事になっている。 つ…

都会人李信

李將軍廣者、隴西成紀人也。其先曰李信、秦時為將、逐得燕太子丹者也。故槐里、徙成紀。 (『史記』巻一百九、李将軍列伝) へえ、今まで気付かないでいたけど、李広の出身「隴西成紀」はどうやら李信以降の移住という感じのようだな。 いつまでかはわからな…

岑昬の先祖

岑氏出自姫姓。周文王異母弟耀子渠、武王封為岑子、其地梁國北岑亭是也。子孫因以為氏、世居南陽棘陽。後漢有征南大將軍・舞陽壯侯岑彭、字君然。生屯騎校尉・細陽侯遵。遵曾孫像、南郡太守。生晊、字公孝、黨錮難起、逃于江夏山中、徙居呉郡。生亮伯、亮伯…

呉に逃げた理由

項梁殺人、與籍避仇於呉中。 (『史記』巻七、項羽本紀) よく見ると、項羽の叔父項梁が呉に逃げていた理由ってのは「人を殺してその仇討から逃れるため」となってるな。 秦(官憲)に追われていたわけではなかったんだな。 おそらくは何らかの私的な理由の…

中央

昔者容成氏・大庭氏・伯皇氏・中央氏・栗陸氏・驪畜氏・軒轅氏・赫胥氏・尊盧氏・祝融氏・伏羲氏・神農氏、當是時也、民結繩而用之、甘其食、美其服、樂其俗、安其居、鄰國相望、雞狗之音相聞、民至老死而不相往來。 (『荘子』外篇、胠篋) 古の帝王たちの…

心臓を捧げよ

王子比干者、亦紂之親戚也。見箕子諫不聽而為奴、則曰「君有過而不以死爭、則百姓何辜!」乃直言諫紂。紂怒曰「吾聞聖人之心有七竅、信有諸乎?」乃遂殺王子比干、刳視其心。 (『史記』巻三十八、宋微子世家) 殷の紂王の時、その親戚つまり殷王の一族であ…

キリンが狂う

『麒麟が来る』という大河ドラマが終わった。 t-s.hatenablog.com 何休曰「麟者、太平之獸、聖人之類也。時得而死、此天亦告夫子將歿之證、故云爾。」 (『史記』巻四十七、孔子世家注、集解) 麒麟というのはどうやらちゃんとした時に出てこなければ逆に不…

お約束

最近あった元首相の発言の件、こんな事を思った。 元々、皇帝の地位に未練はなく、いったんは禅譲を辞退する腹を決めたが、皇帝陛下や大臣らの強い説得で思いとどまった。 方向性は逆だが、今も昔もこういうのが政治の世界の建前ってヤツなのかもしれないな…

ひとこと

あくまでも『三国演義』等の話であるが、劉備は大きな度量の人物として描かれ、関羽は美髯で有名で、張飛といえば酒好きで粗暴というイメージであろう。 よくよく考えてみると、この3人それぞれの属性は、漢の高祖劉邦が一人で全部兼ね備えているではないか…

劉太公の母

高祖、沛豐邑中陽里人、姓劉氏、字季。父曰太公、母曰劉媼。其先劉媼嘗息大澤之陂、夢與神遇。是時雷電晦冥、太公往視、則見蛟龍於其上。已而有身、遂産高祖。 (『史記』巻八、高祖本紀) 索隠、皇甫謐云「名執嘉。」王符云「太上皇名煓。」與湍同音。 正義…

玉印

衛宏曰、「秦以前以金・玉・銀為方寸璽。秦以來天子獨稱璽、又以玉、羣下莫得用。其玉出藍田山、題是李斯書、其文曰『受命于天、既壽永昌』、號曰傳國璽。漢高祖定三秦、子嬰獻之、高祖即位乃佩之。王莽篡位、就元后求璽、后乃出以投地、上螭一角缺。及莽敗…

神秘の種つけおじさん

t-s.hatenablog.com この辺の話のまとめ。 t-s.hatenablog.com 漢代頃、「人が馬に自分の子を産ませた」という話があった。 つまり、家畜が人間の子を産む可能性が無くもないのだ、と当時なら思われていた、かもしれない。 哀帝建平中、豫章有男子化為女子、…

赤兎

赤兔、王者徳盛則至。 (『宋書』巻二十八、符瑞志中) へえ、「赤兎」ってのは王者の徳が盛んな時に出現する瑞祥なのか。 例のウッマはこれにあやかって名付けられたのか?

錫県は錫県じゃない:その2

鄖郷令。本錫縣、二漢舊縣、屬漢中、後屬魏興、魏・晉世為郡、後省。武帝太康五年、改為鄖郷。何志晉惠帝立、非也。 錫縣令。前漢長利縣、屬漢中、後漢省。晉武帝太康四年復立、屬魏興。五年、改長利為錫。 (『宋書』巻三十七、州郡志三、梁州刺史、魏興太…

元載

三載正月丙申、改年為載。 (『新唐書』巻五、玄宗皇帝紀、天宝三載) 唐の玄宗皇帝の時、「年」という表記を「載」に変更した時期があった。 「三年」を「三載」というように表記したという事である。 至徳元載八月朔、成都丈人廟有肉角蛇見。 (『新唐書』…

今度は生姜焼き

t-s.hatenablog.comt-s.hatenablog.com なんか漫画『チェンソーマン』でかつての漫画版『封神演義』みたいな事があったそうなので、またここでアピールしておくことにした。 ハンバーグも生姜焼き美味しいですよね。

董翳と董仲舒、あと董卓

昨日の記事によると、項羽が封建した翟王董翳の子孫は隴西に定住した、という。 また、董仲舒の子孫も隴西に定住したように書かれている。 とにかく、隴西の董氏は董翳や董仲舒をルーツに持ってきている事になる。 董卓字仲穎、隴西臨洮人也。性麤猛有謀。 …

董翳と董仲舒

董氏出自姫姓。黄帝裔孫有飂叔安、生董父、舜賜姓董氏。裔孫辛有、辛有子孫分適晉、有董孤。 裔孫翳、項羽封為翟王、都高奴、子孫遂居隴西。漢江都相仲舒少子之孫、自廣川徙隴西、裔孫徙河東。 (『新唐書』巻七十五下、宰相世系表五下) これ、なんか分かり…

その華麗なる系図、あるいは時空の歪み

及六卿分晉、竇氏遂居平陽。鳴犢生仲、仲生臨、臨生亶、亶生陽、陽生庚、庚生誦、二子、世・扈。世生嬰、漢丞相魏其侯也。扈二子、經・充。經、秦大將軍、生甫、漢孝文皇后之兄也。 (『新唐書』巻七十一下、宰相世系表下、竇氏) 魏其侯竇嬰者、孝文后從兄…

中山の李氏

昨日の中山の話の後、ふと思った。 李延年、中山人。身及父母兄弟皆故倡也。 (『漢書』巻九十三、佞幸伝、李延年) 漢の武帝が寵愛した李延年、愛妾李夫人、かの李広利の兄弟も『漢書』地理志が言うところの中山出身の「倡優」の家の出であった。 元から中…

中山の風俗

趙・中山地薄人衆、猶有沙丘紂淫亂餘民。丈夫相聚游戲、悲歌忼慨、起則椎剽掘冢、作姦巧、多弄物、為倡優。女子彈弦跕躧、游媚富貴、徧諸侯之後宮。 (『漢書』巻二十八、地理志下、趙地) 『漢書』地理志によると、趙・中山の方面は殷の紂王の遺民が住んだ…

虎はなにゆえ強いと思う?

老子者、楚苦縣厲郷曲仁里人也、姓李氏、名耳、字耼。周守藏室之史也。 【注】 正義、朱韜玉札及神仙傳云「老子、楚國苦縣瀬郷曲仁里人。姓李、名耳、字伯陽、一名重耳、外字耼、身長八尺八寸、黄色美眉、長耳大目、廣額疏齒、方口厚脣、額有三五達理、日角…

漢の昭帝の身長

及曾孫壯大、(張)賀欲以女孫妻之。是時、昭帝始冠、長八尺二寸。 (『漢書』巻九十七上、外戚伝上、孝宣許皇后) 漢の昭帝は身長が8尺2寸(約189センチくらいか)だったらしい。 (項)籍長八尺二寸、力扛鼎、才氣過人。 (『漢書』巻三十一、項籍伝) …

匈奴趙王について

燕王(盧)綰悉將其宮人家屬騎數千居長城下侯伺、幸上病愈、自入謝。四月、高祖崩、盧綰遂將其衆亡入匈奴、匈奴以為東胡盧王。綰為蠻夷所侵奪、常思復歸。居歳餘、死胡中。 (『史記』巻九十三、韓信盧綰列伝) 漢の高祖の功臣だった燕王盧綰は高祖に疑われ…