中書令司馬遷

漢の武帝の末期、かの司馬遷は中書令だった。 この中書令は後宮における皇帝の秘書官のような存在だったらしく、元帝の時などは中書令が皇帝の意思決定を左右し絶大な権力を振るった。 司馬遷も、高齢で離宮に引っ込んでいた最晩年の武帝の意思決定を左右す…

今日は

昼間忙しくて疲れたんで、お休む。

ひとこと

そうか、紀元200年頃の中国の長江流域であった戦争の勝敗を分けたのは疫病か・・・。伝染性だったんだろうねえ。イヤな符合だ。

年度

どう考えても、秦・前漢の「一年が10月から始まる」のと現代日本の「一年とは別の「年度」が中途半端な4月から始まる」のがよく分からない。 どちらもなんのために月を数字で表しているのか。1で始まればいいだろうに・・・。 などと思う夜更け。

ひとこと

ちょっと前の話の楽安の孫氏、あの「反切」で有名な孫炎(孫叔然)もいるし、司馬氏と関係が深い(司馬氏の正妻を輩出)泰山羊氏と婚姻しているし、実は魏末から西晋にかけてはけっこうな名族だったりする・・・?

早くも

気が付いたら3月は今日を入れてあと2日か・・・。 1年の4分の1が終了し、新たな年度になる・・・。 嘘、早すぎでしょ。 俺はまだ何もやっちゃいないんだぞ・・・。

合族

孫旂字伯旗、樂安人也。父歴、魏晉際為幽州刺史・右將軍。 ・・・(中略)・・・ 旂子弼及弟子髦・輔・琰四人、並有吏材、稱於當世、遂與孫秀合族。 (『晋書』巻六十、孫旂伝) 晋の孫旂は八王の乱の趙王司馬倫の臣である孫秀と「合族」したという。ちなみ…

ひとこと

後漢、魏、晋の皇帝で一番長寿だったのが光武帝で、その次が晋の武帝司馬炎なのか・・・。 蜀漢・呉や生前即位していない者も含めるとまた変わってくるけど。 なお新も含めると王莽がトップ。

ひとこと

三国時代に「牛金」という人物がいるのだが、昨今の支援策は彼のように牛も金もどちらも支給すればいいのだと思う。

今日は

今日は少々疲れて眠気が襲ってきてるので、このへんで。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その8

その7(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/24/000100)の続き。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その7

その6(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/23/000100)の続き。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その6

その5(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/22/000100)の続き。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その5

その4(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/21/000100)の続き。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その4

その3(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/20/000100)の続き。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その3

その2(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/19/000100)の続き。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その2

その1(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/18/000100)の続き。

『三国志』陳留王奐紀を読んでみよう:その1

高貴郷公髦紀(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/17/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その10

その9(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/16/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その9

その8(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/15/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その8

その7(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/14/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その7

その6(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/13/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その6

その5(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/12/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その5

その4(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/11/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その4

その3(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/10/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その3

その2(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/09/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その2

その1(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/08/000100)の続き。

『三国志』高貴郷公髦紀を読んでみよう:その1

斉王芳紀(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/07/000100)の続き。 .

『三国志』斉王芳紀を読んでみよう:その13

その12(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/06/000100)の続き。

『三国志』斉王芳紀を読んでみよう:その12

その11(https://t-s.hatenablog.com/entry/2020/03/05/000100)の続き。