三国

儒から道へ

(鄭)玄質於辭訓、通人頗譏其繁。至於經傳洽孰、稱為純儒、齊魯閒宗之。其門人山陽郗慮至御史大夫、東萊王基・清河崔琰著名於世。又樂安國淵・任嘏、時並童幼、玄稱淵為國器、嘏有道徳、其餘亦多所鑒拔、皆如其言。 【注】 慮字鴻豫。基字伯輿、魏鎮南將軍…

鄭玄の弟子

(鄭)玄質於辭訓、通人頗譏其繁。至於經傳洽孰、稱為純儒、齊魯閒宗之。其門人山陽郗慮至御史大夫、東萊王基・清河崔琰著名於世。又樂安國淵・任嘏、時並童幼、玄稱淵為國器、嘏有道徳、其餘亦多所鑒拔、皆如其言。 (『後漢書』列伝第二十五、鄭玄伝) 鄭…

崔琰のキャリア

崔琰字季珪、清河東武城人也。少樸訥、好撃劍、尚武事。年二十三、郷移為正、始感激、讀論語・韓詩。至年二十九、乃結公孫方等就鄭玄受學。 學未朞、徐州黄巾賊攻破北海、玄與門人到不其山避難。時穀糴縣乏、玄罷謝諸生。琰既受遣、而寇盜充斥、西道不通。于…

崔琰の前半生

崔琰字季珪、清河東武城人也。少樸訥、好撃劍、尚武事。年二十三、郷移為正、始感激、讀論語・韓詩。至年二十九、乃結公孫方等就鄭玄受學。 學未朞、徐州黄巾賊攻破北海、玄與門人到不其山避難。時穀糴縣乏、玄罷謝諸生。琰既受遣、而寇盜充斥、西道不通。于…

習い性となる

昨日の記事で、何故「聖人として名高い周の武王や周公旦がそんなことをするはずがない、という発想に至らない」のか、という点について。 t-s.hatenablog.com t-s.hatenablog.com t-s.hatenablog.com t-s.hatenablog.com 戦乱の前の(まだ)平和な時代から花…

曹丕と孔融

初、曹操攻屠鄴城、袁氏婦子多見侵略、而操子丕私納袁熙妻甄氏。融乃與操書、稱「武王伐紂、以妲己賜周公」。操不悟、後問出何經典。對曰「以今度之、想當然耳。」 (『後漢書』列伝第六十、孔融伝) 後漢末の孔融は曹操らによる袁氏婦女乱取り、ことに息子…

宗聖か崇聖か

正義、括地志云「漢封夫子十二代孫忠為褒成侯、生光、為丞相、封侯。平帝封孔霸孫莽二千戸為褒成侯。後漢封十七代孫志為褒成侯。魏封二十二代孫羨為崇聖侯。晉封二十三代孫震為奉聖亭侯。後魏封二十七代孫為崇聖大夫。孝文帝又封三十一代孫珍為崇聖侯、高齊…

魏の宗聖侯

昨日の褒成侯関係の話だが、前漢の褒成侯は二千戸だった。 魏の宗聖侯は百戸だった。 時代の違い(他の侯とのバランス等)があるので一概には言えないかもしれないが、魏の宗聖侯は前後の時代の孔丘先生子孫の侯よりも領土が少なかったのかもしれない。

格上げかもしれない

魏文帝黄初二年正月、詔以議郎孔羨為宗聖侯、邑百戸、奉孔子祀、令魯郡修舊廟、置百戸吏卒以守衛之。及武帝泰始三年十一月、改封宗聖侯孔震為奉聖亭侯。又詔太學及魯國、四時備三牲以祀孔子。 (『晋書』巻十九、礼志上、吉礼) かの孔子こと孔丘先生の子孫…

尊い犠牲

かの曹操の子に曹沖と言う者がいる。 曹操が十代前半にして後継者にしたがったという知恵者であったというが、若くして死んでしまった。 だがよく考えてみると、曹沖を後継者にしたがった時、長子曹丕は曹操の列侯の世子(後継ぎ)だったし、いくつかの戦い…

曹植の後継者

時法制、待藩國既自峻迫、寮屬皆賈豎下才、兵人給其殘老、大數不過二百人。又(曹)植以前過、事事復減半、十一年中而三徙都、常汲汲無歡、遂發疾薨、時年四十一。遺令薄葬、以小子志、保家之主也、欲立之。初、植登魚山、臨東阿、喟然有終焉之心、遂營為墓…

魏の君

黄初中、文帝欲追封太后父母、尚書陳群奏曰「陛下以聖徳應運受命、創業革制、當永為後式。案典籍之文、無婦人分土命爵之制。在禮典、婦因夫爵。秦違古法、漢氏因之、非先王之令典也。」帝曰「此議是也、其勿施行。以作著詔下藏之臺閣、永為後式。」 至太和四…

宮中の皇子

元興元年、帝崩、長子平原王有疾、而諸皇子夭沒前後十數、後生者輒隠秘養於人閒。殤帝生始百日、后乃迎立之。 (『後漢書』紀第十上、皇后紀上、和熹鄧皇后) 後漢和帝の皇子は10人ほど早死にが続いたため、宮中から出されて密かに養育するようになった。 …

ひとこと

前にも書いたかもしれないけど、劉備の祖父は東郡の県令になってて、父も州郡に仕えたという。 劉備は祖父(と父)のいた東郡で生まれたとか、同じ涿郡でも出身の涿県ではなく別の県に住んでいたりしてた時期とか結構あったんじゃねえかなあ。 たぶんずっと…

曹丕の挙主

獻帝起居注曰、建安十三年、為司徒趙温所辟。太祖表「温辟臣子弟、選舉故不以實」。使侍中守光祿勳郗慮持節奉策免温官。 (『三国志』巻二、文帝紀注引『献帝起居注』) かの魏の曹丕は当時の三公、司徒趙温に辟召された。 しかしそれに対して曹丕の父である…

一人会社

私は会社の事など大して詳しくも無いが、取締役を一人しか置いていない株式会社で、その取締役が突如死亡すると、その後に会社を存続させる手続きは割と大変なものであるらしい。特に株式が既に分散している場合とか。 これ、「皇太后や外戚といった「皇帝に…

連座拒否宣言

天紀元年夏、夏口督孫慎出江夏・汝南、燒略居民。 初、騶子張俶多所譖白、累遷為司直中郎將、封侯、甚見寵愛。是歳姦情發聞、伏誅。 【注】 江表傳曰、俶父、會稽山陰縣卒也、知俶不良、上表云「若用俶為司直、有罪乞不從坐。」(孫)晧許之。俶表立彈曲二十…

岑昬の先祖

岑氏出自姫姓。周文王異母弟耀子渠、武王封為岑子、其地梁國北岑亭是也。子孫因以為氏、世居南陽棘陽。後漢有征南大將軍・舞陽壯侯岑彭、字君然。生屯騎校尉・細陽侯遵。遵曾孫像、南郡太守。生晊、字公孝、黨錮難起、逃于江夏山中、徙居呉郡。生亮伯、亮伯…

沛国丁氏

丁謐、字彦靖。父斐、字文侯。 初、斐隨太祖、太祖以斐郷里、特饒愛之。斐性好貨、數請求犯法、輒得原宥。為典軍校尉、總攝内外、毎所陳説、多見從之。 (『三国志』巻九、曹爽伝注引『魏略』) 丁斐は沛国丁氏で曹操に特に愛され、おそらく夏侯淵の後任の典…

ひとこと

あくまでも『三国演義』等の話であるが、劉備は大きな度量の人物として描かれ、関羽は美髯で有名で、張飛といえば酒好きで粗暴というイメージであろう。 よくよく考えてみると、この3人それぞれの属性は、漢の高祖劉邦が一人で全部兼ね備えているではないか…

美しいヒゲ

高祖為人、隆準而龍顔、美須髯、左股有七十二黑子。 (『史記』巻八、高祖本紀) (関)羽美鬚髯、故(諸葛)亮謂之髯。羽省書大悦、以示賓客。 (『三国志』巻三十六、関羽伝) 漢の高祖劉邦も、あの有名な関羽も、ヒゲについて「美鬚髯」(鬚=須)と表現…

それは剣と言うにはあまりにも大きすぎた

「吾以布衣提三尺劍取天下、此非天命乎?命乃在天、雖扁鵲何益!」 (『史記』巻八、高祖本紀、高祖十二年) 漢の高祖劉邦は「俺は無官から三尺の剣を引っ提げて天下を取った」と言っている。 70センチくらいの剣という事か? 呉書曰、(太史)慈臨亡、歎…

曹嵩の謎2

及子(曹)操起兵、不肯相隨、乃與少子疾避亂琅邪、為徐州刺史陶謙所殺。 (『後漢書』列伝第六十八、宦者列伝、曹騰) 曹操の父曹嵩は、曹操挙兵の時に曹操に同行せず琅邪へ避難したという。 昨日も挙げた袁隗などの例からすると、曹嵩が洛陽近辺にいたなら…

曹嵩の謎

曹操が董卓の元から逃げ出した時、その途中で既に手配書が回っていて、曹操は危うくそのまま捕縛されるところだったという。 また、曹操や袁紹らの挙兵の際、袁紹の親族袁隗や袁紹と共に挙兵した崔鈞の父崔烈などは董卓に捕まっている。 まあ、董卓そしてそ…

玉印

衛宏曰、「秦以前以金・玉・銀為方寸璽。秦以來天子獨稱璽、又以玉、羣下莫得用。其玉出藍田山、題是李斯書、其文曰『受命于天、既壽永昌』、號曰傳國璽。漢高祖定三秦、子嬰獻之、高祖即位乃佩之。王莽篡位、就元后求璽、后乃出以投地、上螭一角缺。及莽敗…

ネタ

昨日の記事書いた後に思った。 行く先行く先で要人の娘やら未亡人やらと懇ろになって出世していく「劉備島耕作」っていうのが見てみたい。

劉備の新しい妻

魏略曰、太祖始有丁夫人、又劉夫人生子脩及清河長公主。劉早終、丁養子脩。子脩亡於穰、丁常言「將我兒殺之、都不復念!」遂哭泣無節。太祖忿之、遣歸家、欲其意折。後太祖就見之、夫人方織、外人傳云「公至」、夫人踞機如故。太祖到、撫其背曰「顧我共載歸…

妻は同郷2

曹公表先主為鎮東將軍、封宜城亭侯、是歳建安元年也。先主與術相持經月、呂布乗虚襲下邳。下邳守將曹豹反、閒迎布。布虜先主妻子、先主轉軍海西。楊奉・韓暹寇徐・揚閒、先主邀撃、盡斬之。先主求和於呂布、布其妻子。先主遣關羽守下邳。先主還小沛、復合兵…

妻は同郷

曹操の正妻だった丁氏は沛の人だったんじゃないかと思われる。 劉備の正妻だった甘氏は沛の人だと記録されている。 曹操の正妻と劉備の正妻は同じ土地の出身という事だ。 そこはかとなく胸が熱くなる関係性を妄想できるではないか。

『呉歴』編者

赤烏六年卒、子(胡)沖嗣。沖平和有文幹、天紀中為中書令。 【注】 呉録曰、沖後仕晉尚書郎・呉郡太守。 (『三国志』巻六十二、胡綜伝) 呉暦六卷、胡沖撰。 (『旧唐書』巻四十六、経籍志上、乙部史録、雑史類) 『三国志』注でしばしば引用されている『…