ひとこと(曹丕の気持ち)

一昨日の記事のような曹操の評判があったことを前提とするなら、世間の評判、先入観に逆らって献帝を殺さずに済ませた曹丕って、割とすごいんじゃないか?



曹丕曹操と違って、何とかまともに徳のある人物として振舞おうとしていたのかもしれない。



それでも曹操からの軌道修正は簡単ではなかったし、曹丕の実力と人格がその理想に追いついていたかは怪しいと思うけれども。

ひとこと

思えば曹操曹丕を後継者とし太子にまでしていながら曹植を後継にすることを諦めてなかったかのようにしか思えない言動が山ほどあるわけだが、この状態で彼はいったい誰を「周の武王」に比定して「俺は周の文王」と言っていたのだろうか?


曹丕か、それとも曹植か。



それとも、本心では自分の代で方を付けるつもりだったか。

曹操という人物への信頼

曹操は屠城(虐殺)がまあまあ多く、人狩り強制移住)やら寡婦狩りみたいなこともしてるし、墓荒らし常習だし、人妻を戦利品のようにガンガンわが物にしようとするし、皇帝を監禁状態にして皇后を殺して自分の娘を皇后にあてがうし、まあ世間の大半からすれば董卓の色違いとか項羽と王莽のハイブリッドとか思われたんじゃないだろうか。



となれば、そんな曹操の子が帝位に就いたと聞けば、用済みとなった元皇帝(献帝)も董卓が少帝(劉弁)にしたようにこの世からしまっちゃったに違いない、と思うのもやむなしではないか。




曹操のこれまでの言動などからすれば、元皇帝が殺されずに済んでいると確信する方が難しいと思う。



そんな状況だから蘇則が王朝交代の報を聞いて服喪したのではないか。曹操のこれまでのキャラからしたら、息子曹丕の代になったとはいえ元皇帝が生かされているだなんてありえない、董卓と同じようなことをするはずだ、という負の信頼があったのではないだろうか。

ひとこと

黄巾残党を吸収して大軍を手に入れた!


屯田を興して兵糧に困らなくなった!


皇帝を手に入れて号令を下せるようになった!



呂布袁術も楽勝で平定した!





・・・なんで袁紹の方が10倍の兵持ってることになってるんだ・・・?黄巾も屯田も皇帝もないわけだし、董卓から逃げた時の状況はそこまで変わらない気もするんだが・・・。



袁紹があまりにすごすぎることにならん?

ダダ

何度か書いているが晩年の曹操の後継者選びは正直めちゃくちゃで支離滅裂なレベルだと思ってるんだが、これは実は曹操の中に「曹丕を後継にしたくないが冷静な政治的判断から曹丕を後継に決めた人格」と「曹丕を後継にしたくなくて自制がきかない人格」と「曹丕を後継にしたくないが烈祖様は後継にしてみたい人格」のA・B・Cの人格が同居していたのだと考えれば割とつじつまが合うんじゃないだろうか?