二枚舌の結果

高后時、有司請禁粵關巿鐵器。(趙)佗曰「高皇帝立我、通使物、今高后聽讒臣、別異蠻夷、鬲絶器物、此必長沙王計、欲倚中國、撃滅南海并王之、自為功也。」
於是佗乃自尊號為南武帝發兵攻長沙邊、敗數縣焉
高后遣將軍隆慮侯(周)竈撃之、會暑溼、士卒大疫、兵不能隃領。歳餘、后崩、即罷兵。佗因此以兵威財物賂遺閩粵・西甌駱、伇屬焉。東西萬餘里。乃乗黃屋左纛、稱制、與中國侔。
文帝元年、初鎮撫天下、使告諸侯四夷從代來即位意、諭盛徳焉。乃為佗親冢在真定置守邑、歳時奉祀。召其從昆弟、尊官厚賜寵之。詔丞相(陳)平舉可使粵者、平言陸賈先帝時使粵。
上召賈為太中大夫、謁者一人為副使、賜佗書曰「・・・(中略)・・・乃者聞王遺將軍隆慮侯書、求親昆弟、請罷長沙両將軍。・・・(後略)・・・
(『漢書』巻九十五、南越伝)

漢初の長沙王と南越王の領土が重複している問題、呂后の時代には南越が「長沙がこちらを攻めようとしている」と言い出して反撃を始め、最後には独立をたくらむようになったようだ。



長沙は長沙で、どうやら呂后の時の南越討伐の際に将軍を二人出していたらしく、一方的にやられるだけではなさそうだ。



というか、長沙はもともと南越からの「失地回復」を狙っていただろうし、向こうが攻めてきたとなれば大々的に軍を出すのも当然か。





うん、完全に二枚舌外交のせいでこじれてる。長沙も侵略してくる隣国であると同時に逆襲して領土を切り取りたい相手として南越を見てる。




こんな二国を何とか抑えるの、漢も結構大変だったんだろうと思うが、まあ大体自業自得という感じもある。

大英帝国リスペクト

詔曰「故衡山王呉芮與子二人・兄子一人、從百粵之兵、以佐諸侯、誅暴秦、有大功、諸侯立以為王。項羽侵奪之地、謂之番君。其以長沙・豫章・象郡・桂林・南海立番君芮為長沙王。」
(『漢書』巻一下、高帝紀下、高祖五年)

秦已破滅、(趙)佗即撃并桂林・象郡、自立為南越武王。高帝已定天下、為中國勞苦、故釋佗弗誅。漢十一年、遣陸賈因立佗為南越王、與剖符通使、和集百越、毋為南邊患害、與長沙接境。
(『史記』巻一百一十三、南越列伝)

前漢の南越王趙佗は南海郡を地盤として桂林郡・象郡を併合していた。



その一方、劉邦に付いた番君呉芮は劉邦から長沙・豫章・象郡・桂林・南海を領土とする長沙王に封建された。




長沙王呉芮の領有する郡は半分以上が南越王趙佗と被っている。というか趙佗は完全に長沙王呉芮の領土内に居座っている感じになっている。




しかし劉邦は南越王を追認してしまったので、南越王の領域については長沙王と南越王とで支配権が衝突することになっている。



長沙王の領土については「南越王を滅ぼして自分のものとしろ」という意味合いだったのかもしれないが、南越王を追認しては台無しであろう。




劉邦の二枚舌外交とでも言うべき状態である。

同化政策

安道侯揭陽定
以南越揭陽令聞漢兵至自定降、侯、六百戸。
(『漢書』巻十七、景武昭宣元成功臣表)

湘成侯監居翁
以南越桂林監聞漢兵破番禺、諭甌駱民四十餘萬降、侯、八百三十戸。
(『漢書』巻十七、景武昭宣元成功臣表)

下鄜侯左將黄同
以故甌駱左將斬西于王功侯、七百戸。
(『漢書』巻十七、景武昭宣元成功臣表)

開陵侯建成
以故東粵建成侯與繇王斬餘善侯、二千戸。
(『漢書』巻十七、景武昭宣元成功臣表)


漢の武帝が南越や東越を滅ぼした時、離反者らを厚遇して列侯にしている場合がある。



これらの例を見ると、その列侯の名が「揭陽令だったから揭陽定」、「桂林監(秦の時の官制だったと思われる)だったから監居翁」、「左将だったから左将黄同」、「建成侯だったから建成」など、越における官や爵をもとに名前が付けられているように思える。




本来名前が無かったとも思えないが、中華風の姓名ではなかったために中華風の名を新たに付けられたのだろうか?



爵位だけでなく名前も与えたとも言えるし、こうやって越の文化習俗を捨てさせ、中華への同化を進めたとも言えるかもしれない。

過大還付

news.yahoo.co.jp




なるほど、株式譲渡所得に係る還付金の金額を誤ったのか。



あれは住民税として市区町村が直接取ったわけじゃなく、既に証券会社が特別徴収した金額を申告で還付するかどうかという話になるはずだから、「市区町村が既に取った以上に返す」という事態が起こりうるんだな。



だからこそそういう入力ミスに気を付けないといけないわけだが、きっと人員不足とかで大変なんだろうね。



納税者(過大還付を受けた人)が分からないというのも、自分で納税したわけじゃなく特別徴収で勝手に取られてたから、というのが無くもない。



でも申告書に(名目上)自ら書いた徴収額以上に戻ったことになるんだから、知らないで通すのはなかなか難しいだろうなあ。




まあワイは証券税制なんて財産上縁が無いので、それで正しいかよくわからないけれど。

ちょっと思ったこと

「字(あざな)」は「名」と連続して呼ばない、と言われている。


まあ例えばWikipedia先生とか。



自分もまあそうだろうとは思ってる。




しかし、例えば後漢末当時において「字と名は続けて呼んだりしない」といったことを明確に記している典拠というのはあるのだろうか?



それとも当時の各種記録からの類推なのか。あるいは後の時代や近現代の決まりと同様のものとして述べているのか。




今の自分には分からないので、いずれその典拠と言えるものを探してみたいと思ったり思わなかったり。