自称皇太子の真贋

始元五年、有一男子乗黄犢車、建黄旐、衣黄襜褕、著黄冒、詣北闕、自謂衛太子。公車以聞、詔使公卿將軍中二千石雜識視。長安中吏民聚觀者數萬人。右將軍勒兵闕下、以備非常。丞相御史中二千石至者並莫敢發言。
京兆尹(雋)不疑後到、叱從吏收縛。或曰「是非未可知,且安之。」不疑曰「諸君何患於衛太子!昔蒯聵違命出奔、輒距而不納、春秋是之。衛太子得罪先帝、亡不即死、今來自詣、此罪人也。」遂送詔獄。
天子與大將軍霍光聞而嘉之曰「公卿大臣當用經術明於大誼。」繇是名聲重於朝廷、在位者皆自以不及也。
大將軍光欲以女妻之、不疑固辭、不肯當。久之、以病免、終於家。京師紀之。
後趙廣漢為京兆尹、言「我禁姦止邪、行於吏民、至於朝廷事、不及不疑遠甚。」
廷尉驗治何人、竟得姦詐。本夏陽人、姓成名方遂、居湖、以卜筮為事。有故太子舍人嘗從方遂卜、謂曰「子状貌甚似衛太子。」方遂心利其言、幾得以富貴、即詐自稱詣闕。廷尉逮召郷里識知者張宗祿等、方遂坐誣罔不道、要斬東巿。一云姓張名延年。
(『漢書』巻七十一、雋不疑伝)

漢の武帝の末期に父武帝に反旗を翻した皇太子(衛太子)。



この衛太子は反乱に失敗して逃げたが捕捉されて湖県で死んだとされている。




だが、次の昭帝(衛太子の異母弟という事になる)の時、衛太子を名乗る者が黄色い衣装に身を包んで長安の宮殿の前に現れたのだという。



事の真偽を当時の大臣・将軍・官僚たちに確認させたが、誰も発言しない。そんな中、当時長安を含む首都の長官と言うべき京兆尹雋不疑は「もし本物だったとしても、もともと衛太子は謀反人。捕まえるのが当然」と言い、自称皇太子を捕縛した。




結果、自称皇太子は偽物だったという事で決着した。だが、なぜ雋不疑以外の大臣らは雋不疑の言ったような思い切った言動を取れなかったのだろうか?


夏、漢改暦、以正月為歳首、而色上黄、官更印章以五字、因為太初元年。
(『漢書』巻二十五下、郊祀志下)

この頃、漢王朝においてはいわゆる五行の色のうち「黄」を王朝の色と認定していた。



とすると、自称皇太子が衣装や装備を黄色で統一しているのは偶然やラッキーカラーといった程度のコーディネートではなく、極めて政治的な意味がある。



そして、そういった「皇帝の色」の衣装などを、どこの馬の骨かも分からないヤツが独力で揃えられたのかというと、かなり難しいだろうと思われる訳だ。正確なところは分からないが、「ご禁制」であってもおかしくない。




つまり、この「皇帝カラーである黄色の衣装に身を包んだ自称皇太子」は、本物であるにしろ、そうでないにしろ、皇帝カラーを揃える謎の力(神秘の力か、黒幕の政治力か)があった、という事ではないか。



当時の大臣や将軍たちも愚鈍ではなかろうから、殆どの者はそういった可能性にすぐ思い至ったに違いない。そして、本物だけが持つ神秘の力かもしれない、謎の黒幕の意図は何なのか、といった事まで考えたら、この自称皇太子を捕まえる言い出しっぺにはなりたくない、と及び腰になったのではないだろうか。



それだけに雋不疑の判断は秩序維持の観点からは猶の事称賛に価するのだろうが、そうしなかった者たちも、慎重にしたくなるだけの理由はあったという事だ。




そもそも、雋不疑にしても「本物であっても罪人である」と言っており、本物ではないと看破したというよりは、本物であっても捕らえるべきだ、という主張である。自称皇太子の真贋については、雋不疑を含むその場の誰もが断言はしなかったのだ。




この時の黄色い衣装は、この自称皇太子に変なリアリティと底知れない謎を見る者に与えていたのではなかろうか。

宦官、乱れる

李延年、中山人也。父母及身兄弟及女、皆故倡也。延年坐法腐、給事狗中。而平陽公主言延年女弟善舞、上見、心説之、及入永巷、而召貴延年。延年善歌、為變新聲、而上方興天地祠、欲造樂詩歌弦之。延年善承意、弦次初詩。其女弟亦幸、有子男。延年佩二千石印、號協聲律。與上臥起、甚貴幸、埒如韓嫣也。久之、寖與中人亂、出入驕恣。及其女弟李夫人卒後、愛弛、則禽誅延年昆弟也。
(『史記』巻一百二十五、佞幸列伝、李延年)

李延年、中山人、身及父母兄弟皆故倡也。延年坐法腐刑、給事狗監中。女弟得幸於上、號李夫人、列外戚傳。延年善歌、為新變聲。是時上方興天地諸祠、欲造樂、令司馬相如等作詩頌。延年輒承意弦歌所造詩、為之新聲曲。而李夫人産昌邑王、延年繇是貴為協律都尉、佩二千石印綬、而與上臥起、其愛幸埒韓嫣。久之、延年弟季與中人亂、出入驕恣。及李夫人卒後、其愛㢮、上遂誅延年兄弟宗族。
(『漢書』巻九十三、佞幸伝、李延年)

漢の武帝の時の佞幸、李延年。



史記』と『漢書』それぞれの伝を見ると、『史記』では李延年自身が「中人と乱れた」ように読めるが、『漢書』では弟が「中人と乱れた」と書かれている。



純粋に別の説があったのか、それとも「宦官になっていた李延年が中人と乱れるわけないだろ」という少々軽率な思い込みから改変されたのか、それともどちらかが誤って書かれたのか。



個人的には宦官だろうが男性とも女性ともリラックスする事は出来るのではないか、と愚考する。





大した話ではないが、同じ伝でも『史記』と『漢書』で別の話が伝わっているのは興味深い。




呂政と班固

孝明皇帝十七年十月十五日乙丑、曰
周曆已移、仁不代母。秦直其位、呂政殘虐。然以諸侯十三、并兼天下、極情縱欲、養育宗親。・・・(後略)・・・
【正義】班固典引云、後漢明帝永平十七年詔問班固「太史遷贊語中寧有非邪?」班固上表陳秦過失及賈誼言答之。
【索隱】呂政者、始皇名政、是呂不韋幸姫有娠、獻莊襄王而生始皇、故云呂政。
(『史記』巻六、秦始皇本紀)

史記』の中で何故か後漢明帝の時の話と明記した上で始皇帝を「呂政」と称する部分があるのだが、少なくとも『史記』注釈はそれを班固の言としていたようだ。



つまり班固は「始皇帝呂不韋の子」説を奉じていたという事だ。




謎の都尉

(陳)平遂至修武降漢、因魏無知求見漢王、漢王召入。是時萬石君奮為漢王中涓、受平謁、入見平。平等七人倶進、賜食。王曰「罷、就舍矣。」平曰「臣為事來、所言不可以過今日。」於是漢王與語而説之、問曰:「子之居楚何官?」曰「為都尉。」是日乃拜平為都尉、使為參乗、典護軍 。
諸將盡讙曰「大王一日得楚之亡卒、未知其高下、而即與同載、反使監護軍長者!」漢王聞之、愈益幸平。
(『史記』巻五十六、陳丞相世家)


かの陳平は項羽の元から逃げて劉邦に仕える事になると、劉邦は彼を項羽の時と同じ「都尉」にした、という。




だがこの「都尉」とはどういう官なのか、イマイチ分からない。




「都尉」というとまず思い出すのは漢における郡の武官としての都尉(郡都尉)だが、当時は郡都尉普通は「都尉」と呼ばれてなかった(尉、郡尉と呼ばれた)はずだし、「反使監護軍長者」という諸将の話からすると、陳平の「都尉」は軍中を監視、監督するような職務があったように思われる。


これは郡都尉とはまるで別物に思える。



しかも、秦とは違う官名、体系があったように思える楚でも就いていた官だという。





この陳平の就任した「都尉」というのは、やっぱり謎の官職という感じがする。



それこそ、後の時代の司隷校尉みたいな存在だったのだろうか?

高祖の寝所

從東撃項籍、以太尉常從、出入臥内、衣被飲食賞賜、羣臣莫敢望、雖蕭・曹等、特以事見禮、至其親幸、莫及盧綰。
(『史記』巻九十三、韓信盧綰列伝)


漢の高祖劉邦の幼馴染であった盧綰は、高祖劉邦との関係について「出入臥内」であったとされる。



高祖の寝所にも入っていたという事らしい。




これをもって高祖と盧綰の間に男と男の関係があったと見る向きもあるし、まあその可能性はあっておかしくないだろう。


少なくとも全否定するような要素は無い。



即帝位、(劉)交與盧綰常侍上、出入臥内、傳言語諸内事隠謀。而上從父兄劉賈數別將。
(『漢書』巻三十六、楚元王交伝)


だが、同じ「出入臥内」という表現が高祖と高祖の実弟劉交の間でも使われている。




高祖は実弟劉交とも男と男の関係だったのだろうか?



それとも、「出入臥内」は楚元王交伝でそれに次いで書かれているように密談や伝言(皇帝の言葉であるからただ伝えるのも重要な仕事であろう)のためであって、性的な意味とは限らない、という事だろうか?*1




*1:性的な意味も、仕事上の意味も、どっちも含む可能性もあるが。