痩せすぎ

嗣、王莽篡位、絶。
(『漢書』巻十五上、王子侯表上、衆陵節侯賢)

前漢の長沙定王の王子侯となった衆陵侯劉賢の子孫で最後の衆陵侯は「劉骨」という名前であったらしい。



漢書』王子侯表などの一覧に出てくる名はちょくちょく列伝等と異同があったりするので、これも本当に「骨」だったのか怪しむ事も出来るが、他に確かめようが無いと思うので、「骨」という名であったと思っておくしかないだろう。多分。



これ以上何が記録されている訳でもないが、中々に独特な名ではなかろうか。流石に当時でも珍しかったんじゃないだろうか。よほど痩せていたのだろうか?