変幻自在

丹揚郡。故鄣郡。屬江都。武帝元封二年更名丹揚。屬揚州。戸十萬七千五百四十一、口四十萬五千一百七十一。
(『漢書』巻二十八上、地理志上)

丹陽。楚之先熊繹所封、十八世、文王徙郢。
(『漢書』巻二十八上、地理志上)

漢書』地理志では、丹「揚」郡に丹「陽」県があるかのように記述されている。


「揚」と「陽」どっちなんだよ・・・。




太祖兵少、乃與夏侯惇等詣揚州募兵、刺史陳温・丹楊太守周繒與兵四千餘人。
(『三国志』巻一、武帝紀)


三国志』での表記だが実は丹「楊」というのもあってますます分からなくなってくる。